AGA(エージーエー)とは?原因や特徴について

AGAとは






薄毛対策.comではAGA治療に関する情報を発信していますがそもそもAGAってなに?実はあまり詳しくしらない、という人もいるのではないでしょうか。

そこでこのページではAGAとは一体なんなのか、その原因と特徴についてご説明します。

 

AGAとは?

AGAというのはAndrogeneticAlopeciaの略で「男性型脱毛症」という意味です。

AGAは成人男性によく発症する髪が薄くなる、つまり薄毛になることをいいます。

AGAの発症は思春期以降にあり、生え際や頭頂部の抜け毛が増えて薄くなってきます。

AGAになる主な原因は遺伝によるものと、生活習慣などの乱れからくる男性ホルモンの影響が原因だと言われています。

個人差はありますが、薄毛になるとどんどん進行していきます。

 

AGA(薄毛)は進行型です

日本の成人男性でAGAになっている人は全国で1260万人と言われています。

これは成人男性4200万人の3人に1人がAGAになっているという計算です。

このAGAは進行型なので、何もしないで放置しているとどんどん進行していきます。

つまりどんどん薄毛になっていくということです。

AGAは進行型のため、治療せずに放置するとどんどん薄毛になってしまうために、早めの治療が非常に重要になっています。

 

AGAの原因が発見された

これまで薄毛になるのは遺伝によるものが大きいとされていて、特別効果を実感できる治療方法はありませんでした。

しかし、脱毛部にDHTが高濃度にみられ、このDHTがヘアサイクルの成長期を短くしているということが判明しました。

成長期が短くなることによって、発毛しても髪が太く強くなる前に抜けてしまうのです。

そして細い髪が増え、また抜け毛が増えることによってどんどんと薄毛になるのです。

 

AGAの特徴について

このAGAの特徴は「進行型」であることです。

生え際や頭頂部の髪(どちらか、または双方から)がどんどん薄くなっていきます。

AGAは一度発症するとあとはどんどん進行していきます。

しかし現在ではこのAGAの原因が判明したことにより治療をすることで治すことができるようになりました。

それがAGA治療です。

AGAは治療することで進行を止めることができ、抜け毛を減らしヘアサイクルを正常に戻すことで強く太い髪を発毛させることができるようになりました。

もしAGA(薄毛)で悩んでいるのであれば、できるだけ早い段階でAGA治療を開始することをおすすめします。

AGA治療について詳しくはこちら



今すぐ薄毛の悩みを解消しよう!


※個人の感想です

無料の増毛法なのに「違和感なさすぎ」と超話題に!!


※個人の感想です






新着