AGAを治療するには内服薬が一番効果がある

薄毛対策 スプレー






AGAは遺伝子レベルのものですので、この薄毛対策.comでは何度も市販されている育毛シャンプーや育毛サプリなどの商品は一切効果がないということをご説明しました。

もう遺伝子レベルだからどうしようもないのでしょうか。

そんなことはありません。

薄毛の悩みを綺麗に解決する方法はしっかりあります。

AGA治療薬として推奨されているのが内服薬です。

フィナステリドという内服薬はアメリカの製薬会社が開発した薬で元は前立腺肥大を改善するためのものでした。

しかしこの薬を飲んだ患者にひげや髪の毛が伸びる多毛の症状が現れたのです。

そもそも前立腺肥大の原因となるのは、実はAGAのメカニズムでも紹介したDHT。

このAGAを引き起こす元凶でもあるDHTが前立腺の受容体と結合し成長を促進して前立腺肥大やがんを招きます。

フィナステリドはこのDHTの生成を阻害する働きのある薬です。

AGAのメカニズムでお話した通り、AGAはリダクターゼと男性ホルモンのテストステロンが結合したことで生まれたDHTによって起こります。

フィナステリドはこのリダクターゼに作用することで、テストステロンをDHTに変換することを阻害。

この2つが結合したとしてもDHTができないようにします。

それにより、髪の毛のへ朝来るが短縮されることがなく、脱毛が起きないようになるのです。

そのため、元は前立腺肥大のための薬でしたが、AGA治療に効果があることが実証され治療に使われるようになったのです。

AGA治療で薄毛の悩みを解消しよう

 

アメリカではフィナステリドは1997年にAGAの治療薬として認可されました。

それから世界60カ国以上で承認されています。

日本では2005年に厚生労働省によって承認され、プロペシアという名前の薬として商品になりました。

プロペシアは1日1回1錠を最低半年服用すると効果が現れてきます。

アジア人のAGAのほぼ全ての人に効果があるとされています。

ただしヘアサイクルの短縮を防ぐものなので、細い髪の毛が太くなるのがプロペシアの効果であり髪の毛の数が増えるわけではありません。

髪の毛を増やす効果がある薬は別に処方されています。

またプロペシア以外にもザガーロという薬が発売されました。

ザガーロはプロペシアよりもさらに強力な薬です。

フィナステリドの服用に関する注意点をご紹介しまsう。

・1日1回1錠を決まった時間に飲む

・女性は服用できない

・前立腺ガン検診時には服用していることを伝える

・割って飲まない

これらのことに注意すれば、プロペシアやザガーロはAGA治療には非常に効果的な薬になります。

処方薬はAGAクリニックでもらえます



今すぐ薄毛の悩みを解消しよう!


※個人の感想です

無料の増毛法なのに「違和感なさすぎ」と超話題に!!


※個人の感想です






新着