20歳から薄毛で悩みAGA治療で悩みを克服【体験談】

薄毛 坊主






二十歳の成人式。

晴れがましいはずのこの日、私にとってはショッキングな日になりました。

成人式で顔を合わせたのは久しぶりに会う友人。

その友人が会うなり私をみて「薄くなったなー!」と言ったのです。

きっと彼は何気なく言ったのだと思いますが、私には非常にショッキングでした。

思えば自分でも薄々薄毛には気づいていました。

額の生え際が後退していることに気付きながらもそれを見ないふりをしていたのです。

ところが成人式の友人の言葉を聞いて以来、自分の薄毛をどんどん、はっきりと意識せずにはいられませんでした。

そこで母に相談をしてみたのですが、母から衝撃なことを言われたのです。

実はお母さんの家族は男性は全員頭はつるつるでお父さんの実家も同じように薄毛の家系。

あなたの薄毛は遺伝だから、あなたがハゲない理由はないの。

あまりにも衝撃的でした。

なんとか自分だけでも薄毛にはなりたくなりと思いました。

しかしあるとき、薄毛を認めざるをえない瞬間がやってきます。

美容室で鏡に映った自分を見た時。

自分が明らかにハゲていることを自覚させられました。

しかし薄毛は非常にも進行して行きます。

額が<に薄くなり始めてから2、3年経った時は頭頂部もはっきりと薄くなってきたのです。

AGA治療は自宅でできます

 

毎日薄毛に悩む日々

そうなるともう何をする気も起きません。

おしゃれをしようとか何を着ようかなどに関心を持つことができなくなりました。

なぜなら薄毛の人間にとって、髪が抜け落ちるということは鼻や耳が落ちるのと同じようなものです。

本来あるはずのもの、以前の自分にはあったもの、他の人には普通にあるものが、日に日になくなっていくのですから。

その恐怖の中で薄毛の人間は生きているのです。

薄毛になってきたら思い切って坊主頭にする人もいます。

それは潔く見えますが実は薄毛をきにしているからこそするのです。

誰だって髪がないよりもあったほうが良いに決まっています。

頭頂部まで薄くなってから、私は背後を極端に恐れるようになりました。

バスに乗っても一番前に立ったり座ったりはできません。

エレベーターに乗ってもボタンパネルのところは避けて壁際にへばりつくようにして立ちます。

人に背後から頭頂部をみられたくないからです。

それに日常でもいつでも薄毛を気にしなければいけません。

走ることもしたくないですし、自転車にも絶対乗りません。

風に吹かれるとかろうじて額を隠しているつもりの髪が舞い上がり、額があらわになってしまうからです。

だから、ちょっとした買い物の時も必ず歩いていきます。

もちろん突風なんて恐怖でしかありません。

だから風の強い日は外に出たくないし小雨もいやです。

そうなると日に日に引きこもりになっていきます。

このように1日24時間毎日毎日薄毛の悩みが頭のどこかに絶対ありました。

これは本当に苦しいストレスでした。

AGAヘアクリニックの料金や口コミ



今すぐ薄毛の悩みを解消しよう!


※個人の感想です

無料の増毛法なのに「違和感なさすぎ」と超話題に!!


※個人の感想です






新着