本気で薄毛対策や薄毛予防をするならお酒やタバコは今すぐやめよう!






【期間限定】ミノキシジルが今だけ半額!超特価!!

【速報!!】育毛発毛効果が実証されているミノキシジル外用薬が半額キャンペーン!

AGAヘアクリニック開院2周年記念で期間中に治療を開始された方全員にミノキシジル外用薬が半額になるキャンペーンをやっています!!

これは超お得!!今すぐキャンペーンページをご覧ください!!

よく薄毛対策薄毛予防を気にするのであれば、

お酒やタバコはやめましょう、というのを見ますよね。

タバコはなんとなくわかりますが、お酒もダメなんでしょうか。

今回はなぜお酒やタバコが薄毛に悪影響があるのかをご説明します。



タバコは薄毛の天敵です

まず最初にタバコからです。

タバコを吸うと髪の毛に必要な栄養素である

ビタミンBやビタミンEを消耗してしまいます。

せっかく栄養バランスのとれている食事をしたとしても、

食後の一服によってその栄養を消費してしまうのです。

そうなるといくら摂取しても喫煙のせいで髪の毛に必要な

栄養分が髪の毛にまで行き渡らなくなってしまうのです。

さらに、タバコを吸うことによって血管を収縮させることになります。

もうご存知の通り、薄毛対策薄毛予防には頭皮の血行が大切です。

タバコを吸うことによって、その血行を悪くしているのであれば、

当然薄毛、髪の毛に悪影響を与えることになってしまいます。

つまりタバコとは、健康の面からみても薄毛対策薄毛予防の面からも、

完全に悪いのです。

タバコを吸って良いことはありません。

最近の若者はタバコを吸わないようになっているそうです。

そのままタバコは吸わないようにしておきましょう。

そして薄毛で悩んでいる方で喫煙者の方は今すぐタバコをやめましょう。

タバコをやめることによって得られるものはたくさんあります。

タバコを買うお金も節約できますし、健康にもいいですし、

歯も黄ばみませんし、臭いにおいもなくなります。

そして、血行が悪くなっていた頭皮の血行が良くなり、

薄毛対策、薄毛予防になります。

薄毛とアルコール(お酒)の関係性

次に気になるお酒と薄毛の関係についてです。

お酒を飲むことはなぜ髪の毛に悪い影響を与えるのでしょうか。

その理由はお酒を飲むことによってアセトアルデヒドという物質が、

肝臓で分解されずに血中に入ってしまうと、抜け毛の原因と言われている

DHT(ジヒドロテストステロン)という物質が増加してしまうのです。

それによってより抜け毛を増やすことになってしまうのです。

しっかりとお酒と抜け毛には関係性が存在しています。

お酒を嗜む程度であればいいですが、飲む量をできるだけ控えて、

頭皮や髪の毛に負担にならないように気をつけるようにしましょう。

 

今すぐ薄毛の悩みを解消しよう!

無料の増毛法なのに「違和感なさすぎ」と超話題に!!






新着