薄毛対策でカツラは絶対におすすめできない理由

薄毛治療 医療費控除






確かにカツラは一気に簡単に増毛した感じを出すことができます。

昔は男性のもの、というイメージのカツラでしたが最近は女性用のカツラも増えてきています。

有名女優が宣伝をしていたり、カツラという言葉に抵抗がある人にも愛用してもらうためにウィッグという呼び名をつけて販売されています。

実際、女性用のカツラはよく売れているようです。

今ではカツラを購入する10%が女性というデータもあります。

購入する人は50代や60代が多く、髪の毛の分け目やつぶじの薄毛を気にする女性で、最近では産後の脱毛に悩む20代や30代の女性も購入しているようです。

男女を問わず、カツラをするメリットは、誰が見ても確実に増毛した感じを出せることができることでしょう。

しかも購入したその日から利用できるので印象を一気に変えることができます。

しかしカツラにはデメリットも存在します。

まずは違和感。

自分の髪ではない「被り物」なわけですから違和感があるのは仕方ありません。

帽子を被っているのと同じ感覚ですが、それでも薄毛を晒すよりはまだマシと思う人もいるのでしょう。

他にもカツラはメンテナンスが非常に面倒です。

またカツラであることがバレるのではないかという不安からくるストレスを毎日感じます。

さらに頭が蒸れて雑菌が増殖し、不潔にもなります。

ピンで髪に取り付けるタイプのカツラもありますが、その場合、ピンをつけている場所が薄毛になってしまう確率が高くなります。

また頭頂部の薄毛は隠すことができても生え際の薄毛を隠すことはなかなか難しいものです。

AGAクリニックの口コミ評判ランキング

 

カツラをつけ続けるとコストがかかりすぎる

またこれはあまり知られていませんが、カツラには莫大なコストがかかります。

カツラは一度作ったらおしまいではありません。

交代用に何個も作ったり、傷んだら直さなければいけません。

そうしてどんどん費用がかさみ、結局2、3年でおおよそ100万円のコストが必要になります。

もしそれを一生続けるとしたら?

相当なお金が必要になることは当然なのです。

この非常にコストのかかるカツラを「カツラ地獄」ともいわれています。

カツラにもいろいろな種類があり、ピンでとめるタイプのカツラから、編み込み式のカツラもあります。

これは元からある髪の毛に編み込むものなので、ずれる心配はありません。

しかし自分で外すことはできませんし、シャンプーも専門のサロンで月に1度しかできません。

それまでは頭皮の汚れやかゆみも我慢するしかありません。

どうしても痒いときは棒のようなものでカツラの合間を塗ってかくしかないのです。

またカツラには高級な医療用カツラもあります。

AGAの人や病気によって髪が薄くなった人などが使うカツラで、上質で非常によくできたカツラです。

しかしこれは非常に高額でメンテナンス費用も莫大にかかります。

AGA治療体験談



今すぐ薄毛の悩みを解消しよう!


※個人の感想です

無料の増毛法なのに「違和感なさすぎ」と超話題に!!


※個人の感想です






新着