薄毛を笑われても耐えるしかない!AGA治療で薄毛対策






会社の飲み会で同僚らと飲んでいると、私の正面の席に座った女性たちがクスクス笑っています。

嫌な予感がして後ろを振り返ると一人の同僚が私の背後に立ち、薄くなっている頭頂部にマジックでイタズラ書きをしようとするような悪ふざけをしているのです。

でも怒ることはできません。

酒の席だし、冗談の通じないKYな奴、と思われるのも怖いからです。

くやしさ、恥ずかしさ、みじめな思いをかみしめながらも「やめてくださいよ〜」とおちゃらけ、彼らと一緒に笑うしかないのです。

社員旅行でも同じようなことがありました。

バスの中で、またみんなが私を見ながらニヤニヤ笑っています。

見ると誰かお調子者が私の頭頂部をさするしぐさをして笑いを取っているのです。

このときも私はみんなに合わせて笑うしかありませんでした。

こんなことが社員旅行の度にあったのです。

私は我慢しきれず、嘘の体調不良を理由に旅行から途中一人帰ったこともありました。

薄毛の悩みを持たない人からしたら「髪が薄いくらいで気にしすぎだ」と思われるかもしれません。

でも、薄毛の人間にとってはそれほど深刻で辛い悩みなのです。

また世の中には事故や病気などのせいで手や脚を失った方もいます。

不謹慎に聞こえるかもしれませんが、以前の私は髪がないより手や脚がないほうがマシだ、と思ったこともありました。

手や足は隠すことができるかもしれませんが、頭は必ず人に見られる部分であって隠しようがないからです。

そんな私にも当時から付き合っていた彼女がいました。

現在の妻です。

彼女は薄毛の男性でもいいという珍しい女性でした。

彼女と付き合い始めた頃、私は坊主に近い頭をしていました。

それで薄毛を隠していたのです。

ところが結婚を決め、結納をするとなると、彼女の家族にも会わなければいけません。

その頃私は薄い頭頂部に粉をふっていました。

これは髪の毛に似た人口のケラチンの細かい粉末です。

それを頭に振って付着させ薄い部分を隠していたのです。

AGA治療体験談

 



今すぐ薄毛の悩みを解消しよう!






新着