薄毛の美容師、効果のない育毛剤






20歳の頃になると剃り込みが深くなっていき、かなり奥まで進行しているほどになりました。

こうなると以前はできた髪型もできなくなりました。

もう日々、毎日が悩みそのものでした。

ところが人には驚かれるかもしれませんが、私が選んだ職業は美容師です。

普通なら薄毛の自分をあまり鏡でみたくないし、人にもみられたくない。

髪の毛について触れられたくない。

そう思うはずでしょう。

しかし実家が美容室を営んでいることもあり、将来はそれを都合と美容学校へ進学したのです。

美容学校の授業では自分もヘアモデルを務めたりしなければいけません。

そのときもよく同級生に薄毛のことでいじられていました。

すでに諦めの気持ちもありましたが、やはり自分に自信が持てず、辛い思いでした。

髪の毛がふさふさ豊かな人のことが本当にうらやましかったです。

おしゃれであるべき美容師を目指していながら、自分の場合はできるヘアスタイルが限られるうえ、髪が薄いのでうまくセットもできません。

短髪にすると剃り込みが目立つのでいつも髪を伸ばしておろしていました。

そんなふうに隠していても、風で髪が乱れると薄毛がバレてしまうのでアウトドアなどはもっとのほか。

それに彼女がいてもおかしくない年齢なのに自信がないため異性との出会いの場には出かけることもできませんでした。

そんな悩みを抱えながらも美容学校を卒業し、美容師になったのですが、結局短期間で辞めることになります。

もともと肌が弱く、薬剤やシャンプー液などで肌が荒れてしまい美容師を続けることはできませんでした。

AGAヘアクリニックの評判口コミ

 

全く効果のない育毛剤と貼るカツラ

美容師をやめて会社員に転職しました。

毎日鏡の中の薄毛の自分を見つめなければいけない仕事ではなくなりましたが、今度は別の激しい日々が始まりました。

ものすごく忙しい業務に就いたため、心身ともに疲弊しストレスも多い。

そのせいで薄毛がより進行してしまったのです。

さすがに「これはまずい!」と思い、私は初めて薄毛対策をはじめました。

まず発売されている育毛剤はほぼ全て購入し試しましたが、まったく効果がありませんでした。

育毛剤に失望した私は次に「貼るカツラ」を取り寄せてみました。

人工毛を植えつけた半透明の皮膜を特殊な吸着剤を使って頭の地肌に貼り付けるわけです。

強く引っ張ってもはがれず、シャンプーもブラッシングもできる、ヘアカットも自由自在という宣伝文句でした。

しかし結局私は自宅に届いた貼るカツラを使うことはありませんでした。

所詮自分の髪の毛ではないものをつけることが余計にコンプレックスになると思ったからです。

そこでやっぱり、自分の髪の毛を生やしたい。

薄毛の悩みを根本から解決したい。

そこで選んだのがAGA治療だったのです。

自宅でできるAGA治療について



今すぐ薄毛の悩みを解消しよう!






新着