自毛植毛はデメリットが多いので薄毛対策には向かない






自毛植毛は後頭部などから皮膚ごと採取し、株分けして毛包を植えつけていきます。

前回の記事はこちら

マイクロブレードと呼ばれる極小のメスや植毛針によって頭皮に切り込みを作り、そこへピンセットで毛包を植え込んでいきます。

毛包を傷つけないように慎重に差し込み植えつける必要があります。

こうして植えつけられた毛包は血液凝固にかかわるタンパク質のフィブリンや血小板による接着のおかげで、移植ホールに生着します。

移植した毛髪がしっかり根付いて生えることを医学用語で生着といいます。

しかし、植毛した全ての髪が生着するわけではありません。

実は移植した髪の毛の生着率は高くないのが現状です。

無事に移植できた髪の毛はおおよそ3日ほどで頭皮からの栄養を受け取れるようになり、毛細血管の再生も開始し10日間かけて生着します。

以前はこのFUSS法が植毛の主流でした。

しかし実はこの植毛にはデメリットが多いのです。

・皮膚を帯状に切り取るために傷跡が残り目立つ

・手術後に激しい痛みが伴う

・術後10日ほどは仰向けで寝ることができない

・術後、頭皮のつっぱりが激しく違和感が残る

・皮膚に凹凸が残る場合が多い

・採取できる髪には限界があるため、大量の移植は行えない

・仕上がりの髪の密度が低い

・移植しても生着する可能性が高くない

これらのデメリットに加えて、FUSS法の植毛では採取した髪の毛を使えない場合も多く、結局は痛みを伴う手術をしただけ、という人も多いのが現状です。

薄毛の悩みを解消するならAGA治療が一番

 

現在の自毛植毛技術は?

現在主流になっている植毛方法はFUE法といわれる植毛法です。

これは後頭部の皮膚を切らずに行う植毛方法です。

メスを使わないのが最大のメリットです。

FUS法で行う自毛植毛のメリットは、

・メスを使わない

・FUSS法と比較すると痛みは少しはマシ

・余分な皮膚を切らない

・大量移植が可能

・手術は1日で可能

現在はこのような自毛植毛が行われています。

 

しかしAGA治療であれば植毛をすることなく、自宅で誰でも簡単に髪の毛を「発毛」させることができます。

よって、現在はどの治療よりもAGA治療が一番効果を確実に実感できるとされています。

AGA治療について詳細はこちら



【期間限定】ミノキシジルが今だけ半額!超特価!!

【速報!!】育毛発毛効果が実証されているミノキシジル外用薬が半額キャンペーン!

AGAヘアクリニック開院2周年記念で期間中に治療を開始された方全員にミノキシジル外用薬が半額になるキャンペーンをやっています!!

これは超お得!!今すぐキャンペーンページをご覧ください!!

今すぐ薄毛の悩みを解消しよう!


※個人の感想です

無料の増毛法なのに「違和感なさすぎ」と超話題に!!


※個人の感想です






新着