自毛植毛について






植毛には人工毛植毛と自毛植毛の2種類があります。

以前人工毛植毛について書いたので今回は自毛植毛についてです。

人工毛植毛はアメリカでは禁止されている

自毛植毛は自分の髪を植毛するわけなので拒絶反応が起こることはあまりないと言われています。

仕上がりも人工毛植毛に比べたら自然です。

人工毛植毛の場合は、植毛した髪は生え続けることができ伸び続けます。

この自毛植毛手術が日本で行われるようになったのは15年ほど前です。

もともとこの方法が誕生したのは1960年とかなり昔。

アメリカ人医師のオーレントライヒが1959年にパンチグラフト法という植毛術を発表。

これから世界に普及していきました。

パングラフト法とは、後頭部や側頭部など脱毛していない部分の皮膚を毛根ごと円柱状に切り取って脱毛している部分へ移植する手術です。

切除した円柱状の皮膚と毛根の束をそれより一回り小さな穴を開けた前頭部やという頂部に差し込んで植え付けるものでした。

現在の自毛植毛もこのパンチグラフト法が改良されたものが行われています。

ちなみにこのパンチグラフト法のそもそもの生みの親は実はオーレントライヒではなく日本人である奥田庄二医師。

奥田医師は動物実験をしてこのパンチグラフト法を確率。

早くも1939年にやけどのため髪の毛を失った患者にこの手術を施し論文を発表したという記録が残っています。

おそらくこの奥田医師が世界で初めて自毛植毛を行った人でしょう。

自宅でできるAGA治療について

 

後頭部や側頭部はAGAにならない

自毛植毛を説明するときに後頭部や側頭部など脱毛していない部分から前頭部や頭頂部などの脱毛している部分へ移植すると説明しました。

薄毛になるのは頭頂部や前頭部で、後頭部や側頭部は薄毛になりにくいです。

頭のてっぺんはつるつるなのに後頭部や側頭部には髪が残っている、という人を見かけるのはそれが理由です。

特に後頭部から下の部分は多くの場合髪が残っています。

これはなぜでしょうか。

AGAで抜け毛が起こる部位は前頭部や頭頂部です。

後頭部や側頭部は年をとっても抜けることが少ないのです。

つまり、後頭部や側頭部はAGAにはならないということです。

不思議に思われるかもれしれませんが、これは部位による髪の毛の生物学的違いがあります。

これにはAGAのメカニズムの説明が必要です。

AGAは毛包の中のリダクターゼという酵素と毛細血管の血中に循環するテストステロンという男性ホルモンが結びつき、DHTという物質が生成されることによって起こります。

さらにこのDHTがアンドロゲンのレセプターと結合し髪の毛の成長を抑制する遺伝子や脱毛因子に指令を出すFGFー5などに作用することにより脱毛が起こり薄毛になるのです。

AGAクリニックの口コミ評判ランキング



【期間限定】ミノキシジルが今だけ半額!超特価!!

【速報!!】育毛発毛効果が実証されているミノキシジル外用薬が半額キャンペーン!

AGAヘアクリニック開院2周年記念で期間中に治療を開始された方全員にミノキシジル外用薬が半額になるキャンペーンをやっています!!

これは超お得!!今すぐキャンペーンページをご覧ください!!

今すぐ薄毛の悩みを解消しよう!


※個人の感想です

無料の増毛法なのに「違和感なさすぎ」と超話題に!!


※個人の感想です






新着