男性ホルモンのレセプターが脱毛に関与している






AGAの発症には遺伝的なものと男性ホルモンが関与しています。

そのうち男性ホルモンとAGAの関係についてはこちらの記事で詳しく説明した通りです。

成人男性の3割が薄毛で悩んでいる時代です

では遺伝的なものとは何かと疑問に思いますよね。

「父親がハゲているから自分は薄毛の遺伝だ」

「うちは代々薄毛だから自分の将来薄毛になる」

という言葉をよく聞きます。

男性ホルモンの件と同じで薄毛の原因が単に遺伝であるという考え方が世間に広まっているわけです。

確かに遺伝といえるのですが、単に薄毛が遺伝するのではなく、ここにもあるメカニズムが存在します。

AGAの遺伝というのは男性ホルモンのレセプターの遺伝子が発現しているかいないかとうことです。

私たちの体がホルモンの情報を受け取るのは、細胞がそのホルモンに対するレセプターを備えていることが条件になります。

これはホルモンに対する感受性といってもいいでしょう。

自宅でできるAGA治療について

 

以前に記事で説明した通り、リダクターゼが男性ホルモンであるテストステロンと結び付くことが脱毛の第一歩になります。

しかし、この2つが結合したからといって全ての人が薄毛になるわけではありません。

男性ホルモンのテストステロンを受容、感受するレセプターがあるかないかが分かれ道になります。

このレセプターがあればテストステロンの情報を受け取り、その後の作用の影響を受けてしまいます。

つまり脱毛し薄毛になってしまうということです。

このレセプターがあるかないか。

それこそが遺伝です。

両親からの遺伝によって、このレセプターを受け継いでいれば薄毛になる確率が高く、同じく遺伝的にレセプターを持っていなければ薄毛になる確率が低いということになります。

最近は20代など年齢が若くても薄毛に悩む人が増えています。

年齢を重ねてからの薄毛ももちろん辛いですが、特に若い人だとまだ若いのになぜ薄毛になってしまうんだと悩むはずです。

それと逆にどんなに年齢が高くなっても髪がフサフサな人もいます。

若くして薄毛に悩む人はこうした中高年をみて、自分より年上なのにあのフサフサ。一体なにが違うんだろうと不思議に思うかもしれません。

薄毛にはAGA以外の原因もあるので一概には言えませんが20代であっても薄毛の人と、年齢を重ねても髪がフサフサな人の違いは大きく男性ホルモンのレセプターが鍵を握っていることが多いといえます。

一般的にAGAは加齢によってその割合を増していきます。

しかしAGAのメカニズムと脱毛が起こるげんいんをしれば、AGAになるのは決して年齢だけの問題ではなく、遺伝子レベルでの深い背景があることがわかるでしょう。

おすすめの人気aga治療クリニックランキング



【期間限定】ミノキシジルが今だけ半額!超特価!!

【速報!!】育毛発毛効果が実証されているミノキシジル外用薬が半額キャンペーン!

AGAヘアクリニック開院2周年記念で期間中に治療を開始された方全員にミノキシジル外用薬が半額になるキャンペーンをやっています!!

これは超お得!!今すぐキャンペーンページをご覧ください!!

今すぐ薄毛の悩みを解消しよう!


※個人の感想です

無料の増毛法なのに「違和感なさすぎ」と超話題に!!


※個人の感想です






新着