抜け毛が多いからと言って薄毛だとは限らない

薄毛治療 皮膚科






そもそも髪の毛というのは、サイクルで生え、育ち、成長します。

これはヘアサイクルと言われるものです。

そのメカニズムはAGA治療の記事でも詳しくご説明しています。

髪の毛というのは生えて伸びて、成長しますが、やがて成長をやめて退行期間に入ります。

そして最終的に脱毛します。

これは自然のヘアサイクルの流れです。

今、生えている髪のうちおおよそ15%はこの対抗期間にあるといわれています。

つまり全体の1万5千本は抜けようとしている状態ということです。

それが1日に50本〜100本抜けていくというのは当たり前のことなのです。

もしそれを上回る抜け毛が続くようであれば今すぐにでもAGA治療を開始した方がいいでしょう。

ただ毎日100本ほどの抜け毛があったからと言って確実に薄毛になるというわけではありません。

自宅でできるAGA治療について

 

排水溝の抜け毛=薄毛のサインと思い込んでしまっている人は多いです。

もし排水溝の抜け毛が気になったなら抜けた髪の量ではなく、髪の状態をチェックしてください。

排水溝に溜まっている抜けた髪の毛が普通の太くしっかりした髪であれば心配はいりません。

しかし、その髪が細く弱々しく感じる髪であれば危険信号です。

それはAGAによる脱毛である可能性が高いからです。

AGAになるとヘアサイクルに以上が生じ、髪の毛の成長が非常に短いものになります。

これを毛髪のミニチュア化という専門医もいます。

抜け毛の中に細く弱々しい髪の毛があったらAGAである可能性が高いです。

一方、頭皮環境という言葉にも注意をしてください。

これも宣伝文句でよく使われているものであいまいながらも説得力や納得感を招きがちな言葉です。

そのため「頭皮環境が良くないせいで薄毛になる」と信じ込まされている人が多いと思います。

確かに頭皮の毛穴は清潔ん敷いておくことに越したことはありません。

しかし、だからと言って不潔にしていると必ず薄毛になるとも言い切れません。

例えばチベットの人は髪の毛を洗わないと言われていますが特別に薄毛の人が目立つわけでもありません。

つまり頭皮環境と薄毛は直接の関係はなく、いくらシャンプーをして洗ったり揉んだりしても薄毛を予防できるとは限らないのが現状なのです。

AGA治療体験談



今すぐ薄毛の悩みを解消しよう!


※個人の感想です

無料の増毛法なのに「違和感なさすぎ」と超話題に!!


※個人の感想です






新着