成人男性の3割が薄毛で悩んでいる時代です






一般的な薄毛の原因として最も多く、そのため最も深く知っておかなければならいのがAGA(男性型脱毛症)です。

AGAは成人男性に多く見られる薄毛の状態で、日本人の成人男性の発症率は30%と非常に高いことがわかっています。

症状としては額の生え際や頭頂部の髪の毛が軟毛化して細く短くなり、進行すると額の生え際が後退し頭頂部の髪が薄くなります。

細胞レベルの現象としてはヘアサイクルを繰り返す中で成長期が短くなり、休止期にとどまってしまう毛包が多くなるものと言えます。

通常のヘアサイクルでは5〜7年が成長期間ですが短縮することで硬毛が軟毛化し、さらに毛包が小さくなるミニチュア化が起こります。

そのため、髪の毛が太く長く育たないうちに抜け落ちてしまいます。

また、髪が生えたとしても十分に育たない細く短い髪ばかりだと、全体的に薄毛にみえることになってしまいます。

AGAヘアクリニックの評判口コミ

 

男性ホルモン自体が薄毛の原因ではない?

AGAの発症には遺伝子的なものと男性ホルモンが関与しています。

ちなみに女性にも男性ホルモンは存在しているので女性でもAGAが発症することはあります。

一般的に薄毛というと男性ホルモンの影響であると言われ、男性ホルモンが悪者のように思われがちです。

でも実は男性ホルモン自体が薄毛を引き起こすわけではありません。

毛包の中には2型5αリダクターゼという酵素が存在します。

.一方、毛細血管の血中にはテストステロンという男性ホルモンが循環してます。

この2つが毛乳頭部分で出会い、結び付くとDHTという物質が生成されます。

さらにこのDHTがアンドロゲン(男性ホルモン)のレセプター(受容体)と結び付くと、さまざまな遺伝子群に作用を及ぼします。

このレセプターという言葉は遺伝的背景上、とても重要になります。

さて、DHTが男性ホルモンのレセプターと結合することで作用を及ぼす遺伝子は、たとえば毛髪の成長を抑制する遺伝子のTGFβ−1や脱毛因子に命令を出すFGFー5。

こうした薄毛に関しては好ましくない役割を持つ遺伝子が働くことによって、脱毛が起こってしまうのです。

つまり簡単に言えば、2型5αリダクターゼが男性ホルモンのテストステロンと結合することで生まれるDHTこそが脱毛の元凶となる原因物質。

男性ホルモン自体が悪いのではなく、悪さをするのはDHTなのです。

実際、AGAの脱毛部分には高濃度のDHTが存在することがわかっています。

自宅でできるAGA治療とは?



今すぐ薄毛の悩みを解消しよう!






新着