後頭部や側頭部は薄毛になりにくい

薄毛対策 食事






前頭部や頭頂部、そして後頭部と側頭部は生物学的に違いがあり、それはアンドロゲンとレセプターがあるかないかです。

すなわち、男性ホルモンの影響を受けるか受けないかの違いです。

前頭部や頭頂部にはアンドロゲン、レセプターがあるので男性ホルモンの影響を受けてしまいます。

そのためAGAが発症すると髪が抜けてしまいます。

逆に後頭部や側頭部はアンドロゲン、レセプターがありませんので男性ホルモンの影響を受けません。

そのためAGAにならず抜け毛が少ないのです。

自毛植毛ではこの抜け毛が少ない後頭部の髪を採取して脱毛部分に移植します。

そうすることで薄毛を誤魔化すことができます。

毛包は移植されて場所を移動しても、もともとあった場所の性質を維持するようです。

つまり生物学的に後頭部や側頭部の髪の毛には男性ホルモンに対する感受性がありません。

その髪は抜け毛が多い場所に移植しても抜けることは比較的少ないようです。

AGAクリニックでAGA治療をしない人の不安を解消します

 

自毛植毛の「FUSS法」とは

自毛植毛にはいくつかの種類があります。

まずは「FUSS法」というものがあります。

これは現在の主流ではありません。

10年以上前に盛んだった方法で、ストリップ法とも呼ばれています。

FUSS法は後頭部から髪の毛を皮膚ごと切り取りそれを細かく分けて移植する方法です。

まず後頭部など髪が残っている部分の皮膚を毛根ごと帯状に切除します。

この帯のサイズは一般的に縦1センチ、横15センチから30センチ程度の細長いものです。

この切除部分はあとで縫合します。

皮膚を縫合する一方で切り取った皮膚の毛根は移植のために毛包単位の小さな株に切り分けます。

ちなみに個人差もありますが、髪の毛は通常一つの毛穴から2、3本生えています。

この束のことを毛包単位と呼びます。

さらに一般的には頭皮には1㎝2あたり150〜170本の髪の毛が生えているとされています。

細い髪も含めると200本以上あるといわれています。

帯状に採取された皮膚はまずスライスしたあと、毛包単位に株分けされます。

毛包の保存状態が悪くなると移植後の生着率が悪くなるため、低温を保ちながら株分けの作業を進めます。

 

うーん、痛そう!!

やっぱりAGA治療が一番だね!

AGA治療は自宅でできます



今すぐ薄毛の悩みを解消しよう!


※個人の感想です

無料の増毛法なのに「違和感なさすぎ」と超話題に!!


※個人の感想です






新着