人工毛植毛はアメリカでは禁止されている

薄毛対策 女性 サプリ






植毛には2つの種類があります。

「人工毛植毛」と「自毛植毛」です。

人工毛植毛とはその名の通り、合成繊維などの人工物でつくった偽の髪の毛を頭皮に埋め込む手術のことです。

以前は植毛と言えばこの方法が一般的でしたが、もっとも行われていたは1990年以前のようです。

アメリカでは現在植毛が禁止されています。

その理由はこの手術を行うと体に様々なトラブルが起きることがあるからです。

人間の体には体内に侵入してくるウィルスや最近などの異物に反応して攻撃し、排除するための免疫システムが備わっています。

そのシステムにとっては植毛された人工毛は「異物」という扱いです。

体がそれに対して拒絶反応を起こして排除しようとするため、人工毛はすぐに抜けるようになっています。

早ければ手術をしてから数週間で抜け、1年が経つ頃には7割ほどが抜けてしまいます。

また人工毛を埋め込んだ頭皮には感染により慢性的な炎症が起きることもあります。

人工毛は落ちにくくするために普通の毛根よりも深い部分に差し込みます。

しかし、人工毛は伸びることがないため、本来は髪の成長とともに毛穴から押し出されるはずの汚れがそのまま蓄積してしまいます。

さらに人工毛と毛穴の間には隙間ができるので、より汚れがたまりやすくなります。

そこで毛穴にたくさんの細菌が繁殖し感染症などが引き起こされてしまうのです。

感染やアレルギーが起きると頭皮は化膿したり炎症を起こしたりしてしまいます。

それによって頭皮は硬くなってしまい、血行が悪い状態になって、もともと生えていた髪の毛にまで悪影響を及ぼします。

つまり健康な髪まで失ってしまうことにつながるのです。

さらに人工毛植毛を行うと異物性肉芽腫という硬いあとができたりすることもあります。

こうしたトラブルが多発しているのでアメリカでは禁止されていますが、日本ではまだ禁止されていません。

そのため、いまだにこの人工毛植毛をするクリニックは日本に存在しています。

やっぱり薄毛対策はAGA治療が一番です!



今すぐ薄毛の悩みを解消しよう!


※個人の感想です

無料の増毛法なのに「違和感なさすぎ」と超話題に!!


※個人の感想です






新着