そもそもAGAってなに?原因と対処法、そして治療について






【期間限定】ミノキシジルが今だけ半額!超特価!!

【速報!!】育毛発毛効果が実証されているミノキシジル外用薬が半額キャンペーン!

AGAヘアクリニック開院2周年記念で期間中に治療を開始された方全員にミノキシジル外用薬が半額になるキャンペーンをやっています!!

これは超お得!!今すぐキャンペーンページをご覧ください!!

最近テレビなどでもよく特集が組まれるAGA

そもそもAGAってなんなのでしょうか。

AGAとは、男性特有の薄毛の症状のことを言います。

AGAを日本語にすると男性型脱毛症です。

もともとは、男性型脱毛症と言われていましたが、最近はAGAというのが一般的になりましたね。

FAGAという言葉もありますが、これは女子男性型脱毛症のことです。

AGAになる原因は何?

AGAになる原因は、さまざまな原因になります。

人によってAGAになる原因は異なるのです。

原因の種類は遺伝やホルモンの影響です。

加齢によって薄毛になることがありますが、これはAGAではなく一般的な薄毛です。

またストレスや生活習慣(睡眠不足、喫煙、食事など)の影響も、

薄毛になる原因とされています。

元の毛髪量を100とした場合、実は60くらいに減少したとしても

それほど目立つことはありません。

60くらいになったとしても本人も周りの人たちも気づかないレベルです。

しかし60よりも減少すると違和感を感じるようになると思います。

特に髪が濡れている時には気づきやすいでしょう。

自分で気づくレベルになる時には50くらいに減少しているでしょう。

そして40くらいになると自分でも気づきますし、周囲の人も気づきます。

その頃には周りからの目線を感じるようになり、通常の生活に影響が出てきます。

人の目線がストレスになり、人に合わなくなったり、

恋愛や友人関係において積極性がなくなる人がほとんどです。

また仕事にも影響する人が増えてきます。

AGAの発症は思春期を過ぎた頃から始まります。

早い人では10代のうちに薄毛になる人もいます。

抜け毛の数や、薄毛の進行は人によって差がありますが、

放っておいても治ることはありません。

AGAが進行すると、側頭部と後頭部は髪が残りますが、

その他の箇所の毛髪は抜け落ちることが多くあります。

FAGAの場合は、広範囲に薄毛が広がるようになり、

分け目が目立つようになったり、髪のボリュームがなくなるようになります。

 

AGAはクリニックでの治療が必要

AGAは最近では内服薬が出たり、専門のクリニックができたりと一般化してきています。

AGAには治療が必要で、その治療は医療機関でないと行うことができません。

AGAを治すためには根気よく治療を進めるほかありません。

AGAの治療を始めると、初期脱毛があります。

薬を飲み始めると、抜け毛が増えるという現象です。

これは、薬の副作用などではなく、発毛育毛のサイクルを

正常な状態に戻すために起こる現象です。

つまり、弱い髪の毛を抜いてしまい、新しい強い髪の毛を生える段階です。

弱い髪の毛から強い髪の毛への生え変わりと思えばいいと思います。



今すぐ薄毛の悩みを解消しよう!

無料の増毛法なのに「違和感なさすぎ」と超話題に!!






新着